Raspberry PiのVolumioで、MPoD/MPaDにアルバム カバーアートを表示するシンプルな方法

Raspberry PiにVolumioを入れ、Teac AL-301DA-SPを経由して、Eclipse TD307Mk2を繋いでいる。

操作はWeb UIでもできるのだが、アルバムカバーアートが見えない(Runeだと表示されるがAmazonから拾うらしい)ので微妙で、結局MPoDやMPaDを使っている。

カバーアートは楽曲と同じフォルダにFolder.jpgという名前のJPEGファイルを入れるのだが、当然ウェブサーバーが稼働している必要がある。

 

とはいえVolumioは当然Webサーバー動いているので、nginxにコマンド一発でディレクトリ追加して簡単に設定できた。

ln -s /var/lib/mpd/music /var/www/covers

で、http://(Volumioのアドレス)/covers とカバーアートのURL指定すればOK。

本当はFLACファイルに組み込まれているアートワークを表示できるといいのだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください